コンセプト

舘田珈琲焙煎所について

なぜ、はじめたのか

かつて、わたしが持っていたコーヒーのイメージは決してよくありませんでした。
・酸っぱい
・苦い
・飲んだ後にもたれる

いまでも、世の中に出回っているコーヒーの多くは残念ながらそういうイメージを持ってしまうような品質だったりします。その結果「コーヒーは苦手」「ブラックじゃとても飲めない」という方が少なくありません。

そんな中、2011年の4月に、わたしは出身地である地元の青森で素晴らしいコーヒーと出会いました。
その名は「今井珈琲」。
かの有名なバッハコーヒーで修練を積まれ、地元の青森でスペシャルティコーヒーのお店「カフェ・デ・ジターヌ」を出されておられました。

オーナー今井氏のコーヒー豆に対する情熱とこだわりから注がれる珈琲は、ハンドドリップ・サイフォン・ネルドリップ・フレンチプレス、どれで飲んでも素晴らしい味でした。
同じコーヒーでも、豆の品質と淹れ方によってここまで変わるものなんだ、と。そして美味しいんだ、と。
それから各地でスペシャルティコーヒーを探しては飲み続ける日々を送っていました。

2013年、大きな転機が訪れます。
京都で出会ったダイイチデンシの中小路社長。こちらの会社では、技術と匠の結晶で培った焙煎機「NOVO MARK II」を開発・製造しておられます(※当社でもこの焙煎機の販売を取り扱っております)。
別の用事で京都に行った際、どうしても見てみたくなり工場を訪れました。
そこで出会った焙煎機の素晴らしさ、そしてなによりも、作られた珈琲豆の美味しさに衝撃を受けました。

また、どれだけ焙煎機が良くても、高品質な豆が手に入らなければ、美味しい珈琲を作り出すことはできません。
この豆も、ヨーロッパのメジャー商社が取り扱う最高級の豆を、最短ルートで仕入れることができるようになりました。コーヒー豆は鮮度が命です。どれだけ高いコーヒー豆を買っても、古くなった豆は決して美味しい珈琲にはなり得ません。

優れた焙煎機と素晴らしいコーヒー豆。
この出会いが、ごく自然な流れとして私をコーヒー豆屋開業へと導いていったのです。
特に、ホスピタリティ業界に携わる人間として、美味しいコーヒーソリューションの提供が業界の発展とお客様のしあわせに寄与できると確信し、一般小売のみならず、ホテル・旅館・結婚式場・飲食店などのみなさまを対象にした啓蒙活動を推進して参る所存です。

舘田珈琲焙煎所でお出しするコーヒー豆は、作り置きを一切せず、オーダーを受けてから都度焙煎して出荷いたします。従来は自家焙煎の場合も最低焙煎量が多かったため、どうしてもある程度の作り置きが発生してしまいます。大手の販売店さんならなおさらのことです。当店では最低100gから焙煎することが可能です。珈琲は鮮度が命。

どうか、まとめ買いせず、必要な分だけをお買い求めいただき、新鮮で煎りたての美味しい豆をできれば挽きたてで、または粉(その際は必要最低分[二週間分程度]だけご購入ください)でお愉しみください。

舘田珈琲焙煎所 店主 舘田 智

tateda

このページの先頭へ